ジャルダン・デ・フォンテーヌ

2016年の夏から少しずつ庭を造っています。伊豆高原は傾斜地が多いけれどカザンのアトリエも斜面の上に建っていて、庭は平らなところがありませんでした。
斜面ばかりでは落ち着く場所が無いので土を掘り起こし、岩を取り除き、建物の南側に平らなところを作っています。

 

 

しかしカザンの庭でもっとも特徴的なのは道路側のロックガーデンで、大室山の溶岩が見えるジオガーデンでもあります。
2枚の写真は昨年5月のものですが、道路側の斜面は石を積んでポケット状の花壇を作ったので今年の5月には大分様子が違っているでしょう。

 

 

庭の完成は多分数年先でしょうがとりあえず道路側だけオープンガーデン、と言ってもいつでもオープンなのですが、《伊豆アートパーク》期間中の4月26日〜6月10日まではフリー・ティーサービスを致します。
なお不在時はセルフサービスになりますが、お気軽にお立ち寄り下さい。

 

関連ページ

節子ガーデン
《伊豆アートパーク》のオープンガーデン
汐音
Shione
青い風ガーデン